40代50代、体型を維持する秘訣とは!

こんにちは、そらの新藤です。
わたくしごとですが、おととい53歳の誕生日を迎えました。
それもあってか、季節で言うと秋が一番好きです。

これからも、どこまでアンチエイジングに挑戦できるか頑張っていきたいと思います。

さて、今日はアンチエイジングのなかでも「体型」について取り上げてみたいと思います。私もそうでしたが、体型の崩れを意識するのは40代ではないでしょうか。

お腹を気にする女性

肉のつきかたが変わってきて、お腹やお尻がだぶついてきますね。痩せていてもなんだか若い頃と比べると、格好が悪くなってきます。
女性ではホルモンの変化もあり、ちょうど体が変わってくる時期でもあります。

なぜ体型がおばさんっぽく、おじさんっぽくなるのか? と考えてみました。これは単に、中年太りでお腹に脂肪がついた、ですまされるものではないと考えられます。

「落ちるところ」と「付くところ」とが同時に進行しているのです。落ちているのは筋肉です。インナーマッスル、アウターマッスル両方が減っていると思います。特に姿勢に影響を与えるのが、肩甲骨まわりの筋肉と、大腰筋や腸腰筋(足の付け根あたり)です。

仕事で座ってばかりだったり、長い年月からだの使い方に悪いクセがあったり、そうすると体にひずみがおきてきて、バランスが悪くなります。それが肩こりの原因になったり、慢性の腰痛をおこしたりもします。

筋肉は30代をピークに減ってくると言われています。太ももの筋肉は特に減少率が大きいです。筋肉が減ると、代謝も下がりカロリーを燃焼しにくい体になるわけです。また、体のあちこちに「よく使われていない箇所」ができてくるためその部分には体脂肪がつきやすくなります。

中年にさしかかった年代が体型を維持するために重要なポイントは2つ。ひとつは栄養のとり方。なにを減らしてなにをプラスしなければいけないか?ということ。多くのひとが足りていないのは「タンパク質」! これを不足させると筋肉減少に拍車がかかるし、代謝も落ちます。

炭水化物や糖分、いわゆる糖質をエネルギーとして私達は活動しているわけですが、ビタミン、ミネラルが足りていないと、不完全燃焼となり糖質がうまく燃えません。そうなるとカロリーが余って体脂肪に蓄えられてしまいます。ビタミン、ミネラルが肥満防止に不可欠だということは、あまり知られていませんね。

減らすべきは炭水化物(糖質)です。でも最近話題になっているような、極端な糖質制限は逆効果になります。ご飯やパンは控えめにして、副食(おかず)を豊富にした食事が良いです。

あとはやはり運動も不可欠です。アンチエイジング目的なら、有酸素運動や筋力トレーニングではなく、スクワットやバランスボールなどバランス系の運動のほうが向いています。

そして、頻度としては週に1回スポーツクラブに行くよりも、毎日5分か10分で良いから家で運動グッズを使って体操するほうが効果があります。それはさきほどの話でお分かりになると思います。歳をとってきたら、まんべんなく筋肉を使ってあげることが大事なのです!

これらのことに合わせて、サプリを組み合わせるとよいです。中高年にとってタンパク質を食事以外で補給することは必須です。サプリタイムはもっとも理想的な補助食です。タンパク質をリッチに摂ると、たとえ運動が出来なくても、筋肉減少を防げます。朝食にとるのがおすすめ。このとき、ご飯やパンは不要です。食べるなら果物やスープ、味噌汁など。

スクワットをするカウンセラー・新藤

あとは、糖質の燃焼を助けるためにはビタミン、ミネラルが必要ですので、マックスピアがよいと思います。はだのさぷりはビタミンは豊富なのですが、ミネラルは配合していません。

アンチエイジングはいわば戦いです!老いとの。何もしないでいれば、どんどん老いは加速していきます。それに逆らうということは、生半可ではできません。
サプリメントの力を借りることも不可欠ですし、努力も必要です。

運動については、もし分からなければご質問ください。わたしが日頃やっている運動など参考のためにお教えします。お電話 (0120-548-224)かメールでお尋ねください。

アンチエイジングの必需品。
そらのサプリ。
サプリタイム マックスピア 初回限定・お試しも用意してございます。