【シアバター】気温が低いときの使い方

温度が低いと固まる特性をもつ「シアバター」、保湿力抜群なのはそのおかげ

化学成分が無添加の純粋シアバターは、冬の気温の低い時期は固まりやすくなっています。これは、シアバター成分の特性によるものです。植物脂は植物の種類によって含まれている「脂肪酸」の種類が違います。

数ある植物脂のなかでもシアバターに、唯一ともいえる特徴は『ステアリン酸』の含有量です。ステアリン酸は食べ物のバター、豚肉の脂などにも含まれていて食べ物の栄養としても重要なもの。この脂肪酸は溶解温度が30℃前後で、ちょうど体温と同じくらいの温度で溶けます。ですから、常温では固めのクリームになっています。

冬の間、10℃以下の場所に置いた場合、表面が固くなりとりにくくなることがあります。成分や性能に問題はございませんので、手のひらにいったん取って、指で体温に温めて軟らかくしてからご使用ください。

湯煎したりして急激な温度変化をあたえると、油が劣化するおそれもありますので、おすすめできません。体温でゆっくり温めるのがよいと思います。

固くても、いったん手のひらにとり、練るようにして体温で温めるとすぐにやわらかくなります。(写真②)さらに温めると、オイルになります。(写真③)

寒いときの使い方

他のオイルがまぜてあったなら、固まらない

脂肪酸組成構成低温でこのように固まるのは、純度100%の証拠でもあります。もし、他の植物オイルが混ぜられていたり、未精製で不純物が混ざっていたりすれば、むしろ固まりません。

高純度なシアバターの特徴として、塗ってからしばらくたつと「べたつき感」はなくなります。ただし、つける量が多すぎるとべたつくことがあります。つけかたのコツは、シアバターを固いまま無理につけようとするのではなく、少量ずつとって体温に温めてやわらかくして薄くのばしながら塗るようにしてください(それでも保湿効果は十分にあります)。

とりやすいように「スパチュラ」をお付けしました

スパチュラ固くなったシアバターをとるときは、爪でひっかくようにすると上手くとれます。けれども、おしゃれで爪を長くしている方にとってはやりにくいかもしれません。最近ではネイルアートを楽しむ方も多くなっていますので。そこで「スパチュラ」をおつけすることにいたしました。
シアバターが固いときは、スパチュラで削って手のひらにとり、片方の指先でやわらかくしてから塗ってください。

寒いときの乾燥肌に「そらシアバター」 ご購入はこちらから お試しもあります。