飲んで実感が得られるサプリメントは、どうやって選べばいいか?

まずはその成分がほんとに体に必要な成分だったのか?
これだけ摂れば有効という裏付けがある成分だったとしたら、その有効量摂れていたのか?
を検証してみる必要があります。

カルシウムの推奨量と実際の摂取量たとえばカルシウムの場合。統計調査からほとんどのひとが不足していることがわかっています。食べ物に含まれているカルシウム量はわずかであるし、食べてもカルシウムは吸収が悪いのです。

カルシウムがはいった食品を一生懸命食べても、毎日500mgとか600mgとか摂れてたらいいほうではないでしょうか。平均は400mg前後!

ではカルシウムが十分摂れている、とはどんな量なのでしょうか。将来的に骨粗鬆症にならないようにするための摂取量は50代くらいでは1000mg、それ以上の年代では1200mgといわれます。

このことからお分かりになると思いますが、カルシウムサプリメントを使わないことには達成できない量なのです。多くの方が70歳くらいになると骨粗鬆症になるのはこの数字が示すように当然の結果といえるかもしれません。

(カルシウムを摂りたいという目的でしたら「珊瑚の恵」がおすすめです。ミント味の顆粒状で飲みやすいと思います。1本で400mgの良質なサンゴカルシウムが摂れます。お試しは30本千円でご用意しています)

1本でカルシウム400mg。「珊瑚の恵」 ご購入はこちらから 初回限定・お試しも用意してございます。