珊瑚の恵 120 (2g × 120包)

珊瑚の恵 120 (2g × 120包)

販売価格: ¥10,800(税込)

数量:

「なにか1種類サプリメントを飲むとしたら何がいいですか?」と聞かれたら、まよわずカルシウムと答えます。なぜなら、カルシウムの重要度は他のミネラルやビタミンとは比べようもないほど別格だからです。

体によい成分を摂るのがサプリメントだと思う方が大多数だと思いますが、カルシウムは骨を代表とし体をつくる構成要素です。細胞は新旧入れ替わり一生代謝を繰り返していますので、口から永続的にカルシウム分を摂らないと、体内のカルシウム量は一定に維持できません。さらに、カルシウムが体でどう働いているかといえば、体内をアルカリ性に保ったり、心臓の鼓動を司ったり、神経に信号を伝達したり(まだまだありますが)命に直結することがらが多いのです。

カルシウム不足を軽く考えてしまっている

現在、食事以外にカルシウムを摂っていないとすれば、ほぼ間違いなくカルシウムは足りていないと考えていいと思います。毎年発表される厚生労働省の国民健康・栄養調査でも日本人のカルシウム摂取量は数十年不足のまま横ばいです。ではなぜこのことが世の中で問題にならないかというと、(1)さまざまな病気の原因にカルシウム不足が深く関与していることが認識されていない (2)牛乳や小魚などのカルシウム食品で「カルシウムは摂れている」と誤解している (3)カルシウム不足の影響といえば、高齢になって骨がもろくなること、というくらいに軽く考えている

カルシウム不足について一般の認識は?

ある調査で65%の人が「自分はカルシウムが不足していると思う」と答えました。「カルシウム不足は体によくないと思うか?」という問いに「よくないことがある」と答えたのは46%(しかしこのグループは牛乳を飲めば大丈夫と思っているところに問題があります。理由は後で述べます)。残りの54%はあまり問題無いと考えていました。だから、深刻に考えておらず、カルシウムサプリメントを利用してはいないということです。

カルシウム不足の生活とは、骨が減っていく生活を意味する

カルシウムは我々人間が生きていくのには欠かせないミネラルなので、口から十分に補給されないとなれば、骨から溶かして補う仕組みが体にはあります(カルシウム・パラドックス)。とはいえ、骨に貯えているカルシウムは限りがあります。

成人で800?1000mgのカルシウムが骨にありますが、25歳前後で骨の成長は止まっており、それ以降は「カルシウムが足りなければ骨の中のカルシウムを消費する」ということになります。人生90年といわれるようになり、60年以上も骨を保持していかなければならないのですから、たとえ数十mgの不足も本来なら許されないのです。

カルシウム摂取量、「厚生労働省の推奨量」と現実との差

国民健康・栄養調査(平成21年)によると、日本人の1日あたりカルシウム摂取量は平均で男性520mg、女性で505mgです。これは推奨量(男性700mg、女性で650mg)に比べて男性で180mg、女性で145mg不足します。

体内への吸収率を40%とすると、毎日70mg程度の不足となり10年で300g、なんと骨のカルシウムの約20%が失われます。カルシウムが無ければ骨も作られないので、骨自体も20%失われることになり、まさにこれが骨粗しょう症への道。

なぜ牛乳にカルシウム補給を期待できないのか?

体内のカルシウム不足には、主な原因が2つあります。ひとつはカルシウムそのものの摂取不足です。もうひとつには、カルシウムを体内から奪ってしまうリンを過剰に摂っていることです。

食品添加物として「リン酸塩」がありとあらゆる食品に使われていますし、一般にカルシウム食品と思われている乳製品にもリンの含有量は多いのです。たとえば、牛乳100mlの中には約100mgのカルシウムが含まれていますがリンも90mg含まれています。カルシウムとリンの結びつきは強く、牛乳を飲んでも差し引き10mgのカルシウムしか利用できないことになります。

牛乳は健康に良いという「牛乳神話」はもはや古い栄養学として崩れつつある

過去世界一の牛乳消費大国だったアメリカでも牛乳離れが起きています。”牛乳は健康飲料である”という「牛乳神話」はもはや古い栄養学として崩れつつあります。牛乳や乳製品を「カルシウム食品としてすすめること」自体に反対の意見を述べる本も多くあります。著名な『スポック博士の育児書』でも「子供に牛乳を与えない方がよい」とはっきり述べていますし、フランク・オスキー医学博士(米)は「牛乳には危険がいっぱい」を出版。食事療法の権威であるお茶の水クリニック 森下敬一博士は「牛乳を飲むとガンになる」の中で、ガンなどの難病を30年間治療した経験から「ガン患者は例外なく肉、卵、牛乳を摂りすぎている」と述べています。

もっとも知っておかなければならないのが『カルシウム・パラドックス』

体の中のカルシウムは99%が骨に貯えられていて、血液と細胞に残りの1%があります。この1%が生命活動でひじょうに重要です。これが不足してくると骨からカルシウムを溶かして補う仕組みがあるため、体内のカルシウム不足は検査でもたいへんわかりにくくなっています。

ひどいカルシウム不足になっていると、必要以上のカルシウムが骨から溶かされ体内のあちこちに蓄積します。これがとてもやっかいなのです。重度のカルシウム不足なのに、血液を調べるとカルシウムが多くなっており、血管にもカルシウムが付着しているという現象が起きてしまいます。これが「カルシウム・パラドックス」です。

このことは医師でも知らないケースがあるほど、世の中に認知されていません。カルシウム・パラドックスによって、カルシウム不足の人が、反対にカルシウムの摂りすぎと診断されてしまうという誤解が起きやすいのです。

沖縄の化石サンゴのカルシウム「珊瑚の恵」

1本400mgの「天然で吸収性の優れた沖縄化石サンゴカルシウム」を配合。

毎年の国民栄養調査で指摘される日本人のカルシウム不足は深刻な状況にあります。日本人の10人に一人(約1100万人)は骨粗しょう症、予備軍も含めると2000万人に達するといわれます。しかも、圧倒的に女性が多くなっているのです。

わたしたちが生涯元気に暮らすためには骨を守ることが極めて大切。カルシウムは食事ではなかなか補充しきれません。こうした日々のカルシウム不足を解消して骨の健康を維持し、骨粗しょう症のリスクをなくすためには、「天然で吸収性が良く、人体に優しい」沖縄の化石サンゴカルシウム配合の『珊瑚の恵』が最適です。

「珊瑚の恵」の栄養成分

その1・1本400mgのカルシウム

日本人の1日の平均摂取量は570mg。それにプラス「珊瑚の恵」1本を飲めば合計970mgになり、基準の700mg以上は十分に確保できます。
理想的な量は1日1200mg程度。「珊瑚の恵」を1日2本(800mg)飲めば合計1370mgになります(食事内容などで個人差があります)。

その2・マグネシウムを60mg配合

カルシウムと同様に大切なミネラルがマグネシウム。カルシウムの働きにもマグネシウムの協力が不可欠。その比率は2:1が理想とされますが、現在の日本人の不足量は150mg以下程度。一方で、マグネシウムは比較的多くの食品から摂取しやすく、摂取基準も上限700mgと、カルシウムの2500mgに比較して厳しい値になっています。

その3・1本100mgのビタミンC

1本に1日の基準量100mgを配合。ビタミンCは体内でいろいろな作用がありますが、骨の形成にも関係しています。骨のおよそ半分を占めるコラーゲンの形成にはビタミンCが不可欠です。

その4・カルシウムの小腸からの吸収に不可欠なビタミンD

カルシウムが小腸から吸収される際にはビタミンDの作用が不可欠です。
その他の作用として、成長期の子供がビタミンD欠乏症になると、くる病、ひどいO脚、成長障害、歩行障害がおこり、近年、ビタミンD不足が問題になっています。

その5・骨質を良好に保つビタミン(B1、B2、B6、B12)

それぞれのビタミンBが1本で1日の必要量が摂れます。
最近骨粗しょう症と診断されない骨密度の人で骨折が生じる症例が多く見られるようになってきました。その原因には“骨質”が関係していることがわかってきました。

カルシウムは“骨量”、ビタミンB群は“骨質”に影響を与えます。
骨質の改善策としてビタミンB群の摂取が良い結果を得たという研究調査結果がアメリカ、オランダ、日本(長野県のコホート研究)などで報告されています。


『珊瑚の恵』(1本あたり)の栄養成分量と「素材メーカー・原料原産地・加工国」
栄養成分 1日基準量 配合量 素材メーカー 原料原産地 加工国
カルシウム 700mg 400mg コーラルバイオテック 日本 日本
マグネシウム 250mg 60mg コーラルバイオテック 日本 日本
ビタミンD 5.0µg 2.5µg DSMニュートリションジャパン ニュージーランド他 スイス
ビタミンC 100mg 100mg DSMニュートリションジャパン EU 英国
ビタミンB1 1.0mg 1.0mg DSMニュートリションジャパン ドイツ ドイツ
ビタミンB2 1.1mg 1.1mg DSMニュートリションジャパン ドイツ ドイツ
ビタミンB6 1.0mg 1.5mg DSMニュートリションジャパン ドイツ ドイツ
ビタミンB12 2.0µg 2.4µg DSMニュートリションジャパン フランス フランス
カゼインホスホペプチド 10mg 明治フードマテリアル ニュージーランド ニュージーランド
アウレシオパシジウム培養液(ポリカン) 10mg 蝶理 韓国他 韓国
イソフラボン(上限30mg) 10mg 中原 中国 中国

「カルシウムの吸収を助ける」「骨の代謝のバランスを整える」「骨の減少を抑える」ための3素材を配合!!

CPPの「カルシウムの吸収を助ける」働き

CPP(カゼイン・ホスホ・ペプチド)は、牛乳のタンパク質であるカゼインに酵素を作用させて得られる物質です。
カルシウム(Ca)を溶けやすい状態に保ち、小腸からのCaの吸収を助けます。カルシウムなどのミネラルが吸収されるためには、溶けた状態のまま腸管内で存在することが必要です。

摂取されたカルシウムは、いったん胃で可溶化されますが、小腸下部に達するとpHが酸性のために弱アルカリ性に変わります。そうすると、リン酸イオンと結合してリン酸カルシウムが形成されてしまうのです。このリン酸カルシウムは不溶性(液体に溶けない性質)のため、吸収されにくくなってしまいます。

CPPをカルシウムと同時に摂取すると、小腸でのリン酸とカルシウムの結合が抑制され、カルシウムが吸収されやすい状態になります。

ポリカンで「骨の代謝のバランスを整える」

特定の黒酵母由来培養液(アウレオバシジウム培養液)が、骨に対して効果のあることが認められました。この黒酵母由来培養液のことを別名ポリカンと言います。

骨には血液中のカルシウム量を一定に保つための貯蔵庫としての役割があります。健康で弾力性のある骨格を維持するためには破骨細胞と骨芽細胞のバランスが重要です。

「破骨細胞」「骨芽細胞」とは何でしょうか?
成長期ならいざ知らず、成人になると一見変わりそうもない骨も、実は毎日入れ替わっているのです。じょうぶな骨も古くなると弾力を失ってもろくなってしまいます。このため常に新しく生まれ変わることで、しなやかな強さを維持しています。だいたい2年から3年ですべての骨が生まれ変わります。

このときに働くのが、骨を壊す「破骨細胞」と骨を作る「骨芽細胞」です。この2つの細胞が活動を続けながら、毎日少しずつ骨をつくり変えているのです。

ところが破骨細胞は、ホルモンのバランスがくずれると、必要以上のカルシウムを溶かし出してしまいます。特に閉経期以降の女性には、そのことが顕著に現れてきます。
骨粗しょう症の原因は、カルシウム不足と破骨細胞の「暴走」が原因といわれています。したがって、この破骨細胞の暴走をいかに抑えるかなのです。

これに対し、ポリカンは骨芽細胞と破骨細胞の代謝を改善させて、カルシウムの吸収を促進することが各種の試験で確認されています。

イソフラボンの「骨の減少を抑える」働き

イソフラボンは、女性ホルモンの一種であるエストロゲンと化学構造がよく似ていて、穏やかな働きが認められることから植物性エストロゲンと呼ばれています。

 

エストロゲンは、破骨細胞を減らして骨芽細胞を増やす働きがあります。また、食べ物や日光浴で体内に取り入れたビタミンDをカルシウム吸収に欠かせない活性型ビタミンD3に変換させるのもエストロゲンです。
したがって、エストロゲンが十分に分泌されていれば、新しい骨が作られ、骨の健康を保つことができるのです。
ところが女性の場合、閉経前後からエストロゲンの分泌量が急激に減り、これにともない骨量も減少してしまいます。
エストロゲンが減ると破骨細胞の寿命が延び、骨の新陳代謝のバランスがくずれてしまうからです。言い換えれば、女性の骨の健康はエストロゲンによって守られているのです。

そのほかにもエストロゲンは女性の健康になくてはならない、大変重要な役割を担っています。動脈硬化や高血圧を防いだり、細胞の潤いと柔軟性を守り皮膚や粘膜を健康に保ったり、自律神経のバランスを整えるなどの働きです。

このようなエストロゲンの働きを、肩代わりしてくれるのがイソフラボンです。骨に対しては、破骨細胞の暴走を抑え、骨からのカルシウムの溶出を防いでくれます。

ご愛用者様の声 ※お客様個人の感想であり効果・効能を示すものではありません。

商品仕様

名称 カルシウム・マグネシウム・ビタミン含有食品
原材料名 ブドウ糖、ドロマイト、カゼインホスホペプチド、大豆抽出物(イソフラボン含有)、サンゴカルシウム、ビタミンC、プルラン、アウレオバシジウム培養液、香料、ビタミンB6、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンD、甘味料(スクラロース)、ビタミンB12、(原材料の一部に乳、大豆を含む)
保存方法 直射日光を避け、なるべく湿気の少ない涼しい場所に保管してください。
注意事項 ●効果については、個人差があります。 ●原材料をご確認の上、食品アレルギーのある方はお召し上がりにならないでください。●体質や体調により合わない場合があります。その場合は利用を中止し医師に相談してください。 ●妊娠中の方、授乳中の方、乳幼児および小児は摂取をお控えください。●当製品には、1本あたり5mgの大豆イソフラボン(アグリコンとして)が含まれています。
発売元 そら株式会社
珊瑚の恵 120 (2g × 120包)

販売価格: ¥10,800(税込)

数量:

ご利用案内

 配送方法・送料

宅急便・クロネコDM便・定形外郵便

送料:¥500(全国一律)


※商品代金の合計が¥8,000を超える場合は当社にて送料負担いたします。
※ただし、「お試し品」の代金は合計に含まれません。

【宅急便発送のみ】配達日時のご指定が可能です。
ご注文日の3日後から30日後の期間でご指定可能です。
※ 6月19日発送分からご指定できる時間帯が変更されました。
【配達時間】午前中/14時〜16時/16時〜18時/18時〜20時/19時〜21時
※気象条件、交通状況、その他やむを得ない事情により、配達日時のご希望に添えない場合があります。
配送方法についての詳細はこちら