【動画】骨が減っていく『カルシウム・パラドックス』〜健康になろう!(第2回)〜

「カルシウム・パラドックス」って知ってますか?

【パラドックスとは】

ギリシャ語で矛盾、逆説を意味する言葉。

口から摂るカルシウムが足りないと!
骨から勝手にカルシウムが溶かされていくんです。

カルシウム不足を続けていると、いつも血液中に骨からカルシウムが溶け出すことになります。

「カルシウム不足のはずなのに」 「血液にはカルシウムがあふれている!?」

という不思議なことが起きてしまうのです。
これを「カルシウム・パラドックス」といいます。

血液中には一定のカルシウムがないと私たちは生きていけないからなんです。

たかがカルシウム不足、と軽く考えては危険!

カルシウム不足の生活を続けていると、知らないうちに骨からカルシウムが溶かされていきます。

その時必要以上に溶かされたカルシウムが血管に付着して悪さをします!

血管を硬くし、心筋梗塞・狭心症などの心臓病や、脳卒中・脳梗塞などの脳血管疾患を引き起こすこともあります。

骨粗しょう症にもなりやすくなります。

動脈硬化

驚くことに! これを知らないお医者さんも多い

血液中にカルシウムが多くなりますので、お医者さんによっては間違った診断をして
「カルシウムの摂りすぎですよ。カルシウムを控えてください」
と言われることがあります。

とんでもないことで、まったく逆!

その場合まさしくカルシウム・パラドックスを引き起こしているのだからカルシウムをせっせと摂らないといけないんです。

1本でカルシウム400mg。「珊瑚の恵」 ご購入はこちらから 初回限定・お試しも用意してございます。