【動画】体重よりも体脂肪が重要[BOSS法 レッスン5]

肥満で最も問題になるのは「体脂肪」の増加。その理由は?!

  • 肥満体型になり、見た目も悪くなる
  • 生命に危険を及ぼすメタボリックシンドロームなどの原因になる

中高年では「かくれ肥満」「サルコペニア肥満」に注意すべき!

「かくれ肥満」は健康面ではひじょうに問題です。体重をみただけでは変化がなくても、体のなかみが変わっているんです。体脂肪が増えて、逆に筋肉は減っている状態。これが「かくれ肥満」です。
「かくれ肥満」は健康数値も悪化させます。

サルコペニアとは筋肉減少症。それに体脂肪の増加が加わって、サルコペニア肥満といいます。

中高年におきやすい「かくれ肥満」「サルコペニア肥満」は将来、要介護になるリスクを高めることがわかっています。

「体重の増加」よりも「体脂肪の増加」を問題にしなければならない。

健康診断などで使われる一般的な肥満の判定は、BMI(体格指数)ですが、これは単に、身長と体重から計算されるもので、肝心な体脂肪についてはわかりません

体脂肪計を使って、体脂肪率を測る必要があります。

男性に多い「内臓脂肪型肥満」のほうが生活習慣病の引き金になる。

男性は太るとお腹がぽっこり出てきます。このように内臓に脂肪が溜まる内臓脂肪型肥満のほうが、健康数値を悪化させ病気リスクを高めます
女性は全体的に脂肪がつく皮下脂肪型肥満が多いのですが、閉経後は男性と同じような内臓脂肪型肥満が増えてきます。

体重が減っても体脂肪が減らなければ、間違ったダイエット。

体脂肪は正常なのに「モデルのように痩せたい」と無理なダイエットをする若い女性がいます。
このようなダイエットをしていると、よけいに体脂肪は増えて「基礎代謝量」が下がり、太りやすい体質になります。
リバウンドを繰り返すようになり悪循環にはまってしまうのです。

つまり正しいダイエットとは、筋肉を減らさずに体脂肪だけを減らす方法なのです。
BOSSダイエットでは、このことが可能です。栄養バランスを図りながら、無理なく体脂肪が落とせます。

栄養バランスを良くして肥満解消 BOSSダイエット