そらショップブログ

70

なぜ、がんで人は死ぬのでしょうか?

細菌やウィルスのように、がん細胞が正常な細胞を攻撃するわけでもありませんし、いろいろな内臓組織に直接危害を加えるわけではありません。

がん性悪液質とは

そもそもがん細胞とは自分の細胞が変異したものです。がんで死ぬのは、がんが増殖するときに大量の栄養を独り占めするので、ほかの正常細胞が栄養不足をおこすためと考えられています。がん性悪液質といいます。

栄養失調となり免疫力も下がる!

がん性悪液質(がんせいあくえきしつ)とはがんを原因とした栄養失調状態をいいます。
がん細胞には、正常細胞よりも多くの血管があって、多量の血液がそちらへもっていかれます。がんの大きさが大きくなると、正常細胞の栄養不足に拍車がかかり、急速に体力や気力を弱めていくのです。

最後は機能不全、肺炎

自分が将来がんになる可能性は?そして、ますますがん細胞組織だけが増殖し、正常細胞の血流障害を起こし、機能不全に陥ってしまいます。
このような栄養失調状態の状態では、免疫機能も著しく低下し、肺炎などの他の病気を併発する可能性が高くなり、それらが命取りになったりするのです。
がんの方の最期が「肺炎」というのはそういう理由です。
がん末期の方がやせ細る理由もここにあります。

がんに罹ってしまうと、「もう終わりだ…」と考えてしまう人が少なくないと思いますが。
がんは予防できる病気。家族がかりにがんで亡くなられたとしても、自分が必ずしもがんに罹るとはいえない。

がんの原因と特徴

がんの原因がんの原因の95%は環境要因である。なかでも、たばこ30%、食事30%、運動不足5%、アルコール3%
※1996年ハーバード大学がん予防センターの発表より

つまり、がんの原因トップ4を気をつけるだけでもがんに罹るリスクを約7割も減らせることになるのです!

がんの特徴とは

年齢ごとの免疫力とがん死亡率の関係
  • 男女とも、半数はがんに罹る
  • がんで3人に1人が死亡している
  • がんの原因のほとんどは食生活をはじめとする環境要因。
  • がんは一旦罹ると治りにくい。特に、すい臓・胆管・肝臓・肺・食道がんの治癒率が非常に悪い。
  • がんの原因の95%は環境要因なので、生活習慣などを改善することで予防可能!

がんに罹らない人の生活習慣

  • 非喫煙(タバコの本数を減らす、ではなく完全に吸わない)
  • 節酒(お酒はほどほどに♪)
  • 塩蔵品を控える(減塩ですね!塩蔵品とは身近なものではハム、ソーセージ、ベーコン、チーズ、たらこ、味噌、漬け物、塩鮭、干物)
  • 適正なBMI(つまり肥満は解消すべし、太っていること自体ががんリスク高)
  • 活発な身体活動(運動の習慣があれば理想的だが、車をなるべく使わず歩く、とかエスカレーターを使わず階段を使う、とか努めて体を動かすようにすることが大事)

( 国立がん研究センターによる「がんを遠ざける5つの習慣」より )

がんを予防することは、なにもそれほど特別なことではない

これを見るとわかるが、がんの予防とはなにもそれほど特別なものではない。
誰もが知っている「不健康そうな生活習慣」を止めることだ。
「健康になれる健康生活を何か始めよう!!」だなんて思うことよりも、いま自分がやっていることの中で「不健康なこと」をひとつひとつ潰していくのだ。

国立がん研究センターによれば、この5つの習慣は、ひとつよりもふたつ、3つ、4つと多くをこなせるほどがんにかかるリスクが低くなるとはっきり言ってる。

私は2年前から逆立ちを始めました!毎朝10秒くらいですよ!
「なにに効果あるのか?」って。アンチエイジングに欠かせない体幹を鍛えられる!!(新藤)

親をがんで亡くしていると「もしや自分にもがんが遺伝しているのでは…」と心配する方も多いのではないでしょうか。
がんに罹らないよう予防に気をつけることは言うまでもありませんが、遺伝の影響は多くのかたが思っているより少ないです。

がん全体のうち「家族性」が疑われるのは30%ほど

 

家族にがんが集中して発生することを「家族性腫瘍」といいますが、そのうちの遺伝性は約16%と考えられています。がんの原因全体からみると、家族性腫瘍30%、遺伝性腫瘍5%です。親戚、親などに、がんに罹った人がたとえ多くても、それだけで自分や自分の子供ががんにかかるリスクが高いとはいえません。

つまり、日々営んでいる生活習慣、環境要因によるものが70%影響があると多くの専門家が指摘しています。
また、かりにがんの遺伝性をもってうまれてきたとしても、その後の環境要因でリスクは強くなったり弱くなったりもすることが研究で明らかになっています。

つまり、がん家系ではないか? 遺伝ではないか? という心配よりも、がんの原因の95%は「環境要因」の影響なので、それを改善することこそ最優先されるべきなのです。

「夕食は満足するまで食べられて、甘いものもOK」
「運動はとくに必要なし!」
「リバウンドもなし!」
「続ければ、一生肥満知らずの生活を送れる」

BOSSダイエットはそんなダイエット法。初めて聞くひとは、とても信じられないのではないでしょうか。
でも私たち自身が実践して、げんにそれが出来ています。

永島も新藤も、この方法を知らない頃は、なにも考えずに食べたい食事を食べていましたし、その結果たしかに太っていました。

BOSS法の食事法に変えたことで、二人とも約10kg体重を減らし、その後もずっとBOSS法にそった食事を10年以上続けています。無理して頑張って継続しているわけではありません。

このほうが夕食が美味しいし、胃腸も体も軽くて快適だからです。お腹が空いてから食べる、という本来当たり前のことが現代ではできにくくなっています。いつでも食べるものがまわりにあり、ラットのように食べ続けていたりしませんか?!

一日のうちでお腹を空にして、お腹がぐ~と鳴ることもほんとうは必要です。私もBOSS法の食事にしたら、すごく久しぶりにそんな体験をしたことを懐かしくおぼえています。

「お腹が空く」のは胃腸や、体には良いこと。お腹が空いたと感じてから、やっと体脂肪は燃え出すんですよ。ご存じでしたか? お腹が空かないのはエネルギーのタンクの中味が十分在りすぎるのです。ご飯やパンなど燃料となる「炭水化物」「糖質」をとりすぎているからです。

まずは、これだけでも今日から変えていくと、ダイエットの一歩になります。それは
『主食(ご飯、パン、麺類)を控えめにして、肉魚などメインのおかずや、野菜のおかずの割合を増やす』

多くの方がとっている食事は、カロリーのほとんどを主食がかせいでいます。外食などではそのほうが原価が安くおさえられますからね。

★お蕎麦屋さんでの夕食。お蕎麦とご飯のセットをたのんだ。
見ての通り、炭水化物が多い。よく言う「重ね食べ」ですね。こういう食事をいつもしていたら、肥満になるし血糖値にもよくないです。

BOSSダイエットトライアルはこちら

お気軽にお試しください。

カウンセラー 新藤

そらの新藤です。いつもご愛用いただきありがとうございます。
カウンセラーをつとめていますので、ふだんは健康のアドバイス、スキンケアアドバイス、となんでもこなすのですが、なんと! ダイエットのカウンセラーもしております。

なにを隠そう私自身も10年以上前にBOSS法でシェイプしまして、以後ずっと体重と体脂肪率と体型を維持しています。それができるのも、もちろんBOSS法の食事あってこそ。

今でも食事に、サプリタイムは欠かせません。朝昼と利用しています。

もう標準体重になっていますから、BOSS法をやってもどんどん痩せていくなんていうことはありません。それがBOSSダイエットのいいところでもありますね。太っているあいだは、体脂肪が燃焼して体重も減っていきます。でも理想体重まで到達すれば、あとは何年続けてもそれを維持することになっていくんです。

私のピーク時は身長157cm、体重57kgでした!

BOSSダイエットをしたのは、今から18年前の35歳頃だったと思います。
あれからずっとBOSS法にそった食事を続け、体調もいいですし、太りませんし、体型も崩れません。食欲も安定していますので、好きなものを好きなだけ食べています。

それでも体重は、43~44kgで一定しています。BOSSダイエットとはそういうやり方です。

その時ばかりのダイエットではなくて、栄養をとりながら理想の体脂肪率にもっていき、それを一生維持し続けることができる食事法なのです。

BOSSダイエットの方法を簡単に説明すると、

  • 朝:サプリタイム(果物は食べたければ少々食べてイイ)
  • 昼:サプリタイム、おにぎりやサンドイッチなどの軽食
  • 夜:主食におかず、バランス良く満足する食事

ちなみに今日の私の昼食はこんな感じ。ほぼ毎日同じですが、飽きません。

BOSSダイエットをやってみたいという方には、3日間トライアルセットを用意しています(¥1500)。
これでサプリタイム2つの味を味見できますし、BOSSダイエットがどんな方法なのか3日間ですが体験できます。試してみて続けられそうかどうかをご判断ください。

BOSSダイエットトライアルはこちら

お気軽にお試しください。

カウンセラー 新藤

水道水1リットルに対して、『サンゴの力』1パックを入れてかき混ぜると、たちまち・・・塩素が消えて、カルシウム豊富なアルカリ性のミネラルウォーターができます。

本当にそうなるのか? 「実験くん」で実験してみましょう!

【2019年5月17日追記】※水道水試験セット「実験くん」のご提供は終了いたしました。

塩素が消えて、カルシウムが溶け出たアルカリ性の水になりました!!

“素材”の化石サンゴは天然のミネラル!

 沖縄の長寿の水をあなたに届けるために『サンゴの力』はつくられました。素材の化石サンゴには天然のミネラルがいっぱい詰まっています(下表)。

表面は天然のフィルター

  数十万年前の清浄な海で化石化したサンゴ。その表面には10ミクロンという微小の穴が無数に空いています。これが天然のフィルターとなります。

なぜ、「サンゴの力」の水は美味しくなるのか?

 純粋な水は本来、無味無臭。でも、何も含まない水というのは美味しいものではありません。飲み水に味があるのは、純粋な水ではなく何かしらの鉱物がとけ込んでいるから。その鉱物とは、カルシウム、マグネシウム、ナトリウム、カリウムなどのミネラル成分です。

① 「硬水、軟水」とは?

 ミネラル成分中のカルシウムとマグネシウムが多ければ硬水、少なければ軟水となります。一般的に、この硬度が100以上の水を硬水、100未満の水を軟水と呼んでいます。厚生労働省の「おいしい水研究会」が定義する「おいしい水」とは左表のようです。

② 「硬度」が水の美味しさの決め手・・・

 水道水の場合、とくに適度なミネラル成分(硬度)と塩素を無くすことが“味”の決め手となるようです。その中で、美味しく・飲みやすい硬度とは、軟水と硬水の中間の100㎎/ℓぐらいといわれます。
ところで硬度とは何でしょうか? 炭酸カルムと炭酸マグネシウムの合計値で、「軟水か、硬水か」をきめる基準となり、市販のミネラルウォーターにもこの値が表示されています。

 ところが、国産のミネラルウォーターの硬度は50程度のものが多く、カルシウムなどのミネラル量も少ないために、本来のミネラルウォーターとは呼べません(下表を参照)。また、外国産のミネラルウォーターの多くは硬度が200を越えて渋みがあるなど美味しい水にはなっていません。
 それに対し、水道水にサンゴの力を入れると硬度100~120㎎/ℓ程度の美味しい水の条件に適合するようになります。

③ 水を不味くさせる“塩素”を除去! トリハロメタンの危険性も取り除く・・・

 水道水として安全に各家庭まで供給するには「塩素での消毒」、つまり殺菌が不可欠です。
 ところが、この“塩素”も水を不味くさせる原因です。しかも発がん物質といわれるトリハロメタンが生成されてしまうことも指摘されています。
 <右の図><上の図>を見てください。浄水場のテストによると、煮沸するとトリハロメタンが3~4倍に増加してしまいます。約10分以上煮沸すると、トリハロメタンは減少しますが、ゼロにするには30分以上も煮沸しなければなりません。

 水道水の塩素は「サンゴの力」で消すことができるので味も美味しくなります。さらに、この水を沸かすことで、トリハロメタンの危険性も取り除くことができるのです。

④ 名水にちかい酸化還元電位

 酸化とは「物質が酸素と結合すること」、還元とは「酸化した物質が元の状態に戻ること」です。例えば、鉄が錆びてしまうのも“酸化”されたからです。体内でも同様のことが起こるので、還元水のほうが健康に良いとされ、味もよくなります。

 実際に、いろいろな水の酸化還元電位を測ってみると、水道水の電位は高く「酸化された水」、天然水ほど電位は低く「還元された水」になります。水道水に「サンゴの力」を入れると、天然の名水にちかい酸化還元電位になります。

⑤ アルカリ性の水

 酸性やアルカリ性というのを、小学生の時にリトマス紙を使って㏗(ペーハー)を測った思い出があると思います。飲料水では、この㏗値が変わることで味も変わります。

 一方、私たちの体の中の体液は㏗7.4前後の弱アルカリ性に保たれています。そのため、健康上においても㏗7~9程度のアルカリ性の飲み水が望ましいとされます。水道水の原水となる河川水などは酸性のため、浄水場では中性に中和して各家庭に配水しています。
 中性の水道水に「サンゴの力」を入れると、カルシウムやマグネシウムなどのミネラルが溶け出て㏗8~9程度のアルカリ性の水になります。

「サンゴの力」には、なぜ滅菌力があるのか?

 水を汲み置いたりして塩素が無くなった水は、今度は細菌の繁殖が問題になります。常温保存で、水道水の塩素殺菌効果が持続するのは3日以内といいます。

 サンゴの力には、制菌作用のある「銀」を使用していますので、塩素が除去されても菌の繁殖を防ぐことができます(右図)(上図)。この銀による滅菌方法は、かつてアポロ宇宙船の飲み水でも採用されたように、安全な滅菌方法です。(銀サンゴの滅菌浄水剤 特許製法)

市販ミネラルウォーター、本当に安全か?

 市販ミネラルウォーターは水道水よりも安全と思われているようですが、本当にそうでしょうか?
 水道水は「水道法」によって、ミネラルウォーターは「食品衛生法」に基づいて水質基準がきまっています。しかし、その基準は水道水が51項目、ミネラルウォーターは18項目であり、また、その数値も水道水のほうが断然厳しいのです。

たびたび安全性が疑われるミネラルウォーター

  • ミネラルウォータに異物次々!(1995.9.6 朝日新聞)
  • 南アルプスの天然水、無届け井戸の水を使用 (2002.11.6 毎日新聞)
  • 19品目から発がん性ホルムアルデヒドを検出!(2003.4.20 毎日新聞)
  • 広島県、12万本の回収命令!(2008.10.3 共同ニュース)
  • 外国産ミネラルウォーターにカビ混入!(2010.5.21 日テレ)
初回限定半額お試し|サンゴの力 初回限定半額お試し|サンゴの力             

テカリは敬遠されがち・・・

 男性の肌の悩みで一番多いのが「脂ぎること、テカリ」。肌がテカテカしているのは、女性にも敬遠されがち。昔から「水もしたたるいい男!」というように、男性も小ぎれいで清潔感あるイメージが求められているのです。

テカリの原因は?

 テカリの原因は皮脂の出過ぎですが、つまるところ肌の乾燥なのです。肌の乾燥を補うために皮脂分泌が過剰になって“テカって”しまいます。それが問題です!

保湿が重要!

 テカるとよけいに洗顔したくなりますね! でも、洗顔後にちゃんとした「保湿」ができているでしょうか? 洗顔後は汚れとともに“皮脂”も取り除かれてしまいます。だから、そのままではよけいに肌は乾燥してしまうのです。つまり、肌を乾燥から守ることが、テカリを無くす唯一の方法です!

化粧品の保湿ではかえって逆効果!

 最近は男性用の保湿化粧品も色々売られていますが、成分表示を見てください。
いかに化学成分の多いことか! これでは肌にとっては逆効果ですね。本来あるべき自然な保湿にもなっていませんし、肌の機能を悪化させてしまいます。

 実は、テカリをなくす方法は良質のオイルを使うことなのです。
 良質のオイルは、皮脂に近い成分になっています。
 実際に「アルガンオイル」を使っていただくとわかりますが、肌にすうっと浸透し、べたつきはほとんど残りません。
 そして、気がつくとウソのように“テカリ”が消えているのです!

洗顔料の選定も重要!

 一般的な洗顔料は、石油系の合成界面活性剤を使用しています。また、洗顔後に“しっとり感”などを持たせるために、不必要な化学成分も多く含まれています。このため肝心の汚れが落ちるかは疑問です。ちゃんと洗顔をしているはずなのに、“鼻パック”を使ったり、また“あぶらとり紙”を持ち歩いたりするのは、おかしいと思いませんか?

 洗顔の目的は、“肌の汚れ”や“酸化された皮脂”を完璧に、スッキリと取り除くことなのです!
 実は、洗顔料には固形石けんが最も適しているのです。なぜなら、液状ソープが洗顔後にヌルッとするのは洗浄力が弱いためです。老廃した角質もたまりやすくなってしまいます。さらに、液状ソープには化学薬品や添加物が多く配合されています。
 一方、『そらフェイシャル・ソープ』には、ヤシ油由来の自然の界面活性剤を使用していて不必要な化学成分も含まれていません。アルカリ性で汚れ落ちもいいです。

チタンペーストが練り込んであり、微細な泡立ち!

 『そらフェイシャル・ソープ』には、微細な泡をつくる成分としてチタンペーストが配合されています。このため、肌にやさしく、スッキリと汚れが落ちます。実は、この石けんを開発したきっかけは、皮膚科専門医と共同研究のうえ、アトピー患者さん用としてつくられました。肌に対して抵抗がなく、汚れ落ちもいいからです。

  男性は女性と比べて皮脂の分泌量が多いため、機能性の高い『そらフェイシャル・ソープ』がなおさらおすすめです。

テカリをなくすスキンケアは、それほど難しくない!

 きっちりとした「洗顔」と「保湿」
 基本的には、『そらフェイシャル・ソープ』による朝晩の洗顔。そして、洗顔後には『アルガンオイル』で保湿してください。アルガンオイルの使用量の目安は1~2プッシュ程度です。ほとんど化粧水や乳液は使わなくても問題ありません。

男性の肌にもオススメ!
「そらフェイシャル・ソープ」
ご購入はこちらから お試しもあります。

「水道水は体に悪くてマズイ。ミネラルウォーターは安心。」このように考える方が少なからずいらっしゃるようです。しかし、それは本当でしょうか?

そらでは飲料水として、ミネラルウォーターではなく、水道水に「サンゴの力」を使うことを提案し続けています。最近の水道水は、各自治体の水道局による努力と技術革新によって、以前よりも一層安全でおいしいものとなっています。ただし、水道水をより美味しく飲むためには消毒の塩素を取り除きたいし、カルシウムなどのミネラルをもっと増やしたいですね。こうしたニーズに応えるのが「サンゴの力」です。水道水の塩素除去が簡単に出来る上に、塩素が除去された水でも菌を発生させません。

現在でも、先入観から水道水を避けて、飲料用にミネラルウォーターを購入される方はいらっしゃいますよね。でも、その「先入観」は正しいものとは言えないかもしれません。以下のような記事があります。

【Yahoo!知恵袋】ミネラルウオーターと水道水・どちらが安全な水ですか?

※本文は当社で要約

市販ミネラルウオーターを飲んでいる人たちにとっては、水道水をそのまま飲むという習慣は無く、水は買うのが当たり前になっているようです。そして、ミネラルウォーターのことを「安全なのは当然」、「おいしい水」、「ミネラル豊富な水」と思い込んでいます。

横浜市の調査(平成23年度)によると、「水道水の安全性」について、約70%の人が安心と感じているのに対して、不安を感じている人は約20%という結果になっています。
他都市などの調査においても、ほぼ同様の結果が出ているといいます。

日本の水道水は世界でもトップレベルの安全な飲料水であるのに、その実態を知らず、約20%の人たちが危険だと思い込まされているようです。水道水が安全であるという根拠は次の通りです。

日本の水道水は、「水道法」で水質基準が定められています。
水道法で義務付けられている水質基準項目(50項目)のほか、水質管理目標設定項目(27項目、農薬類の検物質を含めて128物質)、その他、水質管理等に必要な項目として30~40項目以上の水質検査を行っています。実にその検査項目数は200項目以上にも上ります。検査頻度も毎日検査から1が月、3か月、6か月、1年毎といったように、検査項目によって定期的に検査が行われ公表されています。

では、市販ミネラルウオーターはどうかといいますと、「食品衛生法」で規制されています。食品衛生法で定められている水質基準項目は18項目で、使用する原水(採取した水)がその基準値をクリアしていれば、販売、流通の許可を得ることができます。また、その基準値も水道法に比べると数倍ゆるいものですし、検査頻度も年1回程度となっています。

なぜ、ミネラルウオーター類の水質基準がゆるいかというと、「ヒ素」などは、日本の各地の地下天然水に含まれているため、ゆるくせざるを得ないのです。

よく水道水が危険である理由の一つとして、水道管に使用されている「鉛」が含まれることがいわれていますが、基準値からいえば、ミネラルウオーター類の方が多く含まれる危険があります。

また、水道水で発がん性の危険性を取り上げられるのが「トリハロメタン」ですが、現在浄水場では、浄水処理でトリハロメタンが含まれないよう、浄水過程でフミン質などの有機物質を可能な限り除去し、殺菌のための塩素の濃度を抑える努力をしているせいか、トリハロメタンの濃度は極めて低いレベルに抑えられてきています。

ある学者の説によると、化学物質による発ガンリスク分配率としては、水道水2%、大気6%、その他2%、飲用水を含む食品が90%としています。水道法と食品衛生法とではどうしてこんなに水質基準が違うのか、疑問に思う方も多くいるかと思います。理由は食品衛生法の目的にあります。

ミネラルウオーター類は食料品として分類され、缶コーヒーやお茶、ジュース類と同じく嗜好品としての取り扱いなのです。嗜好品とは健康や栄養のためでなく、味わうことを目的にした飲食物のことです。

つまり、「毎日、飲み続けても人の健康に影響が生じない」と厳しく管理された水道水とは違い、ミネラルウオーターは「味わうもの」として流通、販売を認められているということになります。

ミネラルウオーターの危険性でいえば、国内で売られているミネラルウオーターの一部で、ホルムアルデヒドやアセトアルデヒド(いずれも発ガン性有り)が水道水の80倍の濃度で検出されたり(毎日新聞2003年4月20日の記事)、一部のミネラルウオーターから乳幼児の生育に影響を与える硝酸性窒素が検出されたり、異物混入が認められたなどといった事件もありました。

対して現在の水道水は安全性が高いだけでなく、たいへんおいしくなっています。冷たく冷やして、水道水とミネラルウオーターを利き水などでためしてみると、違いが判らない人もいるくらいです。

これでお分かりの通り、日本の水道水は安全です!
だからこそ、サンゴの力との組み合わせが活きてくるのです!

しかも、水道水は費用も安くて言うことなし。
そこに「サンゴの力」で、沖縄サンゴのミネラルがプラスされ、「健康に良い、ミネラルも補給できる」という価値が加わるというわけです。

そのうえ、コストは1リットルあたり、わずか30円ほど。
もう市販のミネラルウォーターを買う必要などないのではないでしょうか。

初回限定半額お試し|サンゴの力 初回限定半額お試し|サンゴの力

温度が低いと固まる特性をもつ「シアバター」、保湿力抜群なのはそのおかげ

化学成分が無添加の純粋シアバターは、冬の気温の低い時期は固まりやすくなっています。これは、シアバター成分の特性によるものです。植物脂は植物の種類によって含まれている「脂肪酸」の種類が違います。

数ある植物脂のなかでもシアバターに、唯一ともいえる特徴は『ステアリン酸』の含有量です。ステアリン酸は食べ物のバター、豚肉の脂などにも含まれていて食べ物の栄養としても重要なもの。この脂肪酸は溶解温度が30℃前後で、ちょうど体温と同じくらいの温度で溶けます。ですから、常温では固めのクリームになっています。

冬の間、10℃以下の場所に置いた場合、表面が固くなりとりにくくなることがあります。成分や性能に問題はございませんので、手のひらにいったん取って、指で体温に温めて軟らかくしてからご使用ください。

湯煎したりして急激な温度変化をあたえると、油が劣化するおそれもありますので、おすすめできません。体温でゆっくり温めるのがよいと思います。

いったん手のひらにとり(写真①)、練るようにして体温で温めるとすぐにやわらかくなります。(写真②)さらに温めると、クリーム状になります。(写真③)

寒いときの使い方

他のオイルがまぜてあったなら、固まらない

脂肪酸組成構成低温でこのように固まるのは、純度100%の証拠でもあります。もし、他の植物オイルが混ぜられていたり、未精製で不純物が混ざっていたりすれば、むしろ固まりません。

高純度なシアバターの特徴として、塗ってからしばらくたつと「べたつき感」はなくなります。ただし、つける量が多すぎるとべたつくことがあります。つけかたのコツは、シアバターを固いまま無理につけようとするのではなく、少量ずつとって体温に温めてやわらかくして薄くのばしながら塗るようにしてください(それでも保湿効果は十分にあります)。

とりやすいように「スパチュラ」をお付けしました

スパチュラ固くなったシアバターをとるときは、爪でひっかくようにすると上手くとれます。けれども、おしゃれで爪を長くしている方にとってはやりにくいかもしれません。最近ではネイルアートを楽しむ方も多くなっていますので。そこで「スパチュラ」をおつけすることにいたしました。
シアバターが固いときは、スパチュラで削って手のひらにとり、片方の指先でやわらかくしてから塗ってください。

寒いときの乾燥肌に「そらシアバター」 ご購入はこちらから お試しもあります。

こんにちは、そらの新藤です。
わたくしごとですが、おととい53歳の誕生日を迎えました。
それもあってか、季節で言うと秋が一番好きです。

これからも、どこまでアンチエイジングに挑戦できるか頑張っていきたいと思います。

さて、今日はアンチエイジングのなかでも「体型」について取り上げてみたいと思います。私もそうでしたが、体型の崩れを意識するのは40代ではないでしょうか。

お腹を気にする女性

肉のつきかたが変わってきて、お腹やお尻がだぶついてきますね。痩せていてもなんだか若い頃と比べると、格好が悪くなってきます。
女性ではホルモンの変化もあり、ちょうど体が変わってくる時期でもあります。

なぜ体型がおばさんっぽく、おじさんっぽくなるのか? と考えてみました。これは単に、中年太りでお腹に脂肪がついた、ですまされるものではないと考えられます。

「落ちるところ」と「付くところ」とが同時に進行しているのです。落ちているのは筋肉です。インナーマッスル、アウターマッスル両方が減っていると思います。特に姿勢に影響を与えるのが、肩甲骨まわりの筋肉と、大腰筋や腸腰筋(足の付け根あたり)です。

仕事で座ってばかりだったり、長い年月からだの使い方に悪いクセがあったり、そうすると体にひずみがおきてきて、バランスが悪くなります。それが肩こりの原因になったり、慢性の腰痛をおこしたりもします。

筋肉は30代をピークに減ってくると言われています。太ももの筋肉は特に減少率が大きいです。筋肉が減ると、代謝も下がりカロリーを燃焼しにくい体になるわけです。また、体のあちこちに「よく使われていない箇所」ができてくるためその部分には体脂肪がつきやすくなります。

中年にさしかかった年代が体型を維持するために重要なポイントは2つ。ひとつは栄養のとり方。なにを減らしてなにをプラスしなければいけないか?ということ。多くのひとが足りていないのは「タンパク質」! これを不足させると筋肉減少に拍車がかかるし、代謝も落ちます。

炭水化物や糖分、いわゆる糖質をエネルギーとして私達は活動しているわけですが、ビタミン、ミネラルが足りていないと、不完全燃焼となり糖質がうまく燃えません。そうなるとカロリーが余って体脂肪に蓄えられてしまいます。ビタミン、ミネラルが肥満防止に不可欠だということは、あまり知られていませんね。

減らすべきは炭水化物(糖質)です。でも最近話題になっているような、極端な糖質制限は逆効果になります。ご飯やパンは控えめにして、副食(おかず)を豊富にした食事が良いです。

あとはやはり運動も不可欠です。アンチエイジング目的なら、有酸素運動や筋力トレーニングではなく、スクワットやバランスボールなどバランス系の運動のほうが向いています。

そして、頻度としては週に1回スポーツクラブに行くよりも、毎日5分か10分で良いから家で運動グッズを使って体操するほうが効果があります。それはさきほどの話でお分かりになると思います。歳をとってきたら、まんべんなく筋肉を使ってあげることが大事なのです!

これらのことに合わせて、サプリを組み合わせるとよいです。中高年にとってタンパク質を食事以外で補給することは必須です。サプリタイムはもっとも理想的な補助食です。タンパク質をリッチに摂ると、たとえ運動が出来なくても、筋肉減少を防げます。朝食にとるのがおすすめ。このとき、ご飯やパンは不要です。食べるなら果物やスープ、味噌汁など。

スクワットをするカウンセラー・新藤

あとは、糖質の燃焼を助けるためにはビタミン、ミネラルが必要ですので、マックスピアがよいと思います。はだのさぷりはビタミンは豊富なのですが、ミネラルは配合していません。

アンチエイジングはいわば戦いです!老いとの。何もしないでいれば、どんどん老いは加速していきます。それに逆らうということは、生半可ではできません。
サプリメントの力を借りることも不可欠ですし、努力も必要です。

運動については、もし分からなければご質問ください。わたしが日頃やっている運動など参考のためにお教えします。お電話 (0120-548-224)かメールでお尋ねください。

アンチエイジングの必需品。
そらのサプリ。
サプリタイム マックスピア 初回限定・お試しも用意してございます。

昨日の涼しさから一転して今日は最高気温が30℃まで上がるそうです。今のところ晴れてはいますが、そう暑くもありません。
また台風が来ているので、貴重な晴れ間! 洗濯、布団干しには絶好なお天気です。

*

今日は「老化防止に役立つ成分」について!

楊貴妃が飲むような若返りの秘薬を探そうとしても、そんなものはありません。
若返るということは、すなわち自然な流れである「老化」のスピードを少しでも遅らせることのできる成分、と考えたらいいでしょう。

成分とは、栄養素のことです。よく健康食品で何が効きますか? とご質問があったりしますが、薬ではないのです。薬の効果、つまり薬効を求めるのは違っています。

効果は、あくまでも栄養素がもっている「はたらき」のことを言います。皆さんがよく知っているものでは、ビタミンCなど。
ビタミンCの働きで有名なのは、肌をきれいにする、とか抗酸化作用。ビタミンEは血行をよくするなどといいますね。

そういったこれまでの歴史的な研究のうえに、効果が明らかになっている栄養素。
サプリメントの配合成分の基本はこれです。

では老化防止の効果が明らかになっている栄養素(成分)とは何でしょうか!きっと聞いたら拍子抜けしてしまうかもしれませんよ。あまりに当たり前すぎて!

それは、タンパク質、カルシウム、抗酸化ビタミン、ポリフェノール、抗酸化ミネラル、EPAが代表的です。こう見ると、気がつく方もいらっしゃるかもしれませんが、そらのサプリメントの成分はこれらが主に配合されているわけです。

つまり、アプローチの方向が少しずつ異なるだけであり、どれをお使いになっても老化防止、アンチエイジングに役立ってくれるというわけなのです。

68歳になった代表の永島も、来週53歳の誕生日を迎えるわたくしも、弊社サプリメントは全種類飲んでいます。お互いに、実年齢より10歳は若いね!とあちこちで言われてます。歩く広告塔だと思って私達も頑張ってます。

スキンケアラインナップも、外からのお手入れとしては、すごくオススメですよ。
肌を若く保つには、あれこれ化粧品をつけないことなんです! 化粧品にお金をかけている方はギャフンとするかも。シンプルに、毛穴の汚れまでしっかり汚れを落として、あとはアルガンオイルで保湿。ほんとにこれだけで十分。

中からはアンチエイジング成分のサプリ、外からは脱化学物質のスキンケア。これがベストな方法と思います。
まだ使ったことのない製品があれば、お気軽にお試しをお申込ください。使用感を確認していただくのが一番だと思います。

老化防止に役立つ成分がたっぷり。
そらのサプリ&スキンケア。
ご購入はこちらから 初回限定・お試しも用意してございます。

弊社のサプリはほとんどがオリジナルですが、お気づきになるかと思いますけれど、多くにカルシウムが配合されています。
なぜここまでカルシウムを重要視しているかといえば…

カルシウム不足に関係する病気

カルシウムはミネラルの一つですが、他のミネラルやビタミンと比べて、ダントツに重要な栄養素なのです。骨や歯をつくることはもちろん、カルシウム不足はありとあらゆる病気の原因となり、まさに命にかかわってくるほどなのです。

それなのに、食事ではとりにくく、不足した分は骨を溶かして使いながらなんとかしのいでいきます。けれども骨に貯えているカルシウム量には限りがあります。
長生きになってきた私達にとって、骨粗鬆症はいわば宿命的なもの。

体内のカルシウムは99パーセントが骨にあります。重さで言えば、男性で1キロ、女性で800グラムです。この蓄えは、25歳頃にピーク(最大量)となり、その後の人生では、増えることは無く蓄えを削って使う一方!

お金にたとえれば分かりやすいですね。長生きすればするほど、成人期までにたくさんのカルシウムを骨に貯めておかないと、確実に骨粗鬆症が待っているということになります。骨のカルシウムの25パーセントを失うと医学的に「骨粗鬆症」の判定となります。

蓄えを崩さない、減らさないためには、もう一つの方策があります。使う分だけ収入を得ること。貯金をつかわず生活していけば、預金が目減りすることはありません。

まさに骨も同じで、生活費にあたる「カルシウム消費量」は一日に420から600ミリグラムと言われています。それをまかなう量のカルシウムを、食事とサプリメントで摂ればよいのです。

日本人が食事からとれているカルシウム量の平均は400数十ミリグラムという統計データがありますので、サプリメントがどうしても必要となるのです。骨粗鬆症の予防には一日1000ミリグラム以上のカルシウムを摂るべきであるという専門家の意見が多いので、食事で不足するあと600ミリグラムほどをサプリメントで摂取しなければなりません。

ではどういったサプリメントを選んだら良いのか? ですが、何からとれたカルシウムかが選ぶポイントです。カルシウムにはいろいろな種類があります。

沖縄の化石サンゴからとれる、サンゴミネラルを25年にわたって使用している理由は、珊瑚化石はカルシウムだけでなく、海水中に含まれる数十種類のミネラルを含んでおり、人体への吸収が良い上に安全であるということ。長期にとり続けた場合健康効果が期待でき、弊害は無いことです。

弊社サプリメントでは、シンプルにカルシウムを摂りたいなら「珊瑚の恵」。タンパク質やビタミン、ミネラルなど総合的に摂りたいなら「サプリタイム」。
また、キトサンや乳酸菌も一緒に配合された「マックスピア」なら健康管理や生活習慣病のリスク対策も同時にできるものとなっています。
サンゴカルシウムが摂取できるのは、この3種の製品です。

サンゴカルシウムたっぷり、そらのサプリ 珊瑚の恵 サプリタイム マックスピア 初回限定・お試しも用意してございます。

年齢ごとの骨量変化のグラフをご覧になったことがあると思います。

骨密度・骨劣化グラフ

男女ともに30代前後がもっとも骨量が多くなるピークで、そこからはなだらかな下り坂となり、80代にもなればピーク時と比較して20%くらいにまで減ってしまいます。

これが骨粗鬆症です!とくに女性は閉経後ホルモンの関係で骨が減りやすくなってしまうので、気をつけなければなりません。

ピーク時の骨量を100とすると、60代では80%に減り、70代後半では70%にまで減ってしまいます(女性の平均)。病院で骨量や骨密度を測ってもらったときに、「年齢の平均からいって、80%くらいですよ」と言われたとします。

ここで間違っていけないのは、ピーク時の80%ではないということです!
ある70代後半の女性ですが、年齢からして70%くらいですから注意してくださいと病院で言われたそうです。

つまり、70代後半だと若い女性と比べて骨量は70%に減っていますので、それのさらに70%というと、49%ということになり、90代のかたと同じくらいになってしまいます。

高齢になったら、「年齢平均の70%、80%」と言われて安心してはダメ。年齢平均そのものがもう低くなっているのですから、深刻な骨粗鬆症状態です。

骨粗鬆症に気をつけるといっても、じゃあ何を気をつけるのか!? が重要なことです。転ばないようにするというのは、対策のことです。

ここでやらなきゃいけないのは、それ以上急激な骨の減少をくいとめることです。
減ってしまった骨を元に戻すのは実際にはむずかしいです。できるのは、加齢とともに骨は減少するが、その減り方をできるだけなだらかな下り坂にすることです。

それには、骨の材料となるカルシウムを潤沢にとること。食事だけではとうてい足りません。日本人の平均カルシウム摂取量は400mgそこそこ。骨粗鬆症対策に必要なカルシウム量は1500mgから2000mgといわれています。

この量は食事だけではとうてい不可能です。サプリメントの利用は必要となります。骨のおもな材料となるカルシウムは、体のなかでは作り出せませんので、口から摂る以外にありません。

毎日とるカルシウム量が足りないとなれば、それが骨粗鬆症に直結していくのです。

それから、取り入れたカルシウムが骨に付きやすくするには、適度な運動が必要です。運動と言っても簡単なことで効果があります。片足立ち、その場足踏み、もう少し強度を上げると「その場ジャンプ」とか。両足そろえて、かかとを浮かしてその場で弾むだけでもよいのです。骨に刺激をあたえることが有効です。

食事ではカルシウムが十分摂れていない、と認識して積極的にカルシウムサプリメントを活用することがとても大事です。

1本でカルシウム400mg。「珊瑚の恵」 ご購入はこちらから 初回限定・お試しも用意してございます。

健康のためにはサプリを使ったほうがいいのはわかっているけど、なかなか続かないのよね、という方。

サプリが続くコツは仕事と同じです!仕事でも成果を上げるには「まず数値目標を立てなさい」と言われると思います。営業の人なら一日何件訪問するか?とか1ヶ月に何人顧客と面会するか?とかです。

それは行動は数値目標をたてないと具体化しないからです。そしてその数値が、結果へと連動するからです。

健康に置き換えても同じ事がいえます。漠然と「健康食品を摂ってみようかな」では、目的も目標もぼやっとしていて、結局途中でやめてしまい継続しません。

ポイントは素材選び(主な成分になにが入っているサプリか?)と、摂取量の数値目標です!

健康のために何かサプリを、と思っても選び方がわからないという方がほとんどです。だから、大手健康食品会社でよく名前を聞くものをとりあえず摂っておけばよいかな…となりがちです。

でもサプリメントというものは、よく宣伝で見かけるから、とか流行ってるみたいだから、という選び方では失敗します。また、「よく効くサプリはありますか?」と質問する方も多いと思いますが、これも違っています。

薬じゃないのですから、なにか一つ飲めば効く、なんてサプリメントはありません。では、なにを指標にしてサプリメントを選べばいいのか?です。

飲めば必ず効果があると明かな素材であること。必要量がだんとつに多い素材であること。

これに当てはまるのは、例えばカルシウム、ビタミンC、タンパク質、EPAなどです。ビタミン、ミネラルなども総合的には必要なんですが、その必要量は?というと数ミリグラム。

ビタミンDなどは1日の推奨量は5マイクログラム。マイクログラムというのは1000分の1グラムのこと。ビタミンB12も2マイクログラム、微量ミネラルのセレンは45マイクログラム。よく、マルチビタミン・マルチミネラルのサプリといいますが、必要量がほんとにわずかなので、バランス良く食事を心がければ、すぐに必要量はみたされるのです。

それに必要量が微量なだけに、これらをサプリで摂るときは過剰摂取にならないように上限量に注意しなければなりません。それに比較して、例えばビタミンCなどは1日推奨量が1000ミリグラムです。つまり1グラム!ぜんぜんケタが違うわけです!

同様に、カルシウムの推奨量も1000ミリグラム。EPAはDHAと合わせて1000ミリグラム。タンパク質は食事も合わせて60グラム。これらは、体をつくる構成要素でもあり、体内での働きが多岐にわたること。そうした理由で、他のビタミン、ミネラルとは比べものにならないほど、量が必要とされます。

だからこそ、サプリメントでとる必要がでてくるのです。食品にはこれらの栄養素が少しずつしか含まれていないため、必要量を毎日満たそうとすれば、量的にたくさんの食事をしなければならないことになります。胃腸の消化負担も大きければ、食費もかさみます。食事量を多くすれば、同時に塩分、脂肪分、食品添加物、農薬も多く摂取することになります。

こうしたときに、栄養素を効率的に摂取できるサプリメントの価値がでてくるわけです。ビタミンCを1000ミリグラム摂ろうとしたら、レモン50個食べる必要がありますが、サプリメントなら簡単です。そして、必要量がケタ違いに多いこれらの栄養素は、上限を気にすることもあまりありません。

上限を気にするどころか、どんなに栄養を心がけた食事を摂っても、必要量には届かないのが現状です。ですから、不足による体の不調が起こります。カルシウムやビタミンC、EPA(オメガ3の油)、タンパク質、これらが足りて無くて不健康な症状がでているケースがとても多いのだと想像できます。

素材にこだわっている、そらのサプリ サプリタイム マックスピア はだのさぷり EPA+DHA 800mg 初回限定・お試しも用意してございます。

某乳酸菌飲料会社が発売しているペプチド入りサプリですが、8週間で血管をしなやかにする、血管柔軟性を改善する、など宣伝文句だけを見ているとまるで「薬」並みの効能です。

弊社も、病気の予防や動脈硬化予防、アンチエイジングにサプリメントは必要だという立場です。けれども、いま問題となっている病気はほとんどが生活習慣病ですから、まずは生活習慣、まずは食事、と考えなければいけません。

サプリも大事ですが、その前に日々の食事。それをおろそかにして、全面的にサプリに頼るのは違っています。

アミノ酸についてもそうです。私達の体はアミノ酸からつくられるのですが、それはタンパク質を含む食品を食べることで摂取することができます。タンパク質は体内で分解され細かくなってアミノ酸になります。アミノ酸の分子になってはじめて胃腸で吸収出来る様になります。そして、体の各部に配られてふたたび合成されてタンパク質になり体の細胞が作り上げられます。

アミノ酸ペプチドとは、2つ以上のアミノ酸が連なったもので、消化吸収から最合成の効率がよく、疲労回復などさまざまな効能があるといわれています。

けれども、ある特定のペプチドをとることよりもまず大切なことがあります。体内で合成できない必須アミノ酸をすべて不足無く摂ること。そして、アミノ酸の分解や合成には、ビタミンやミネラルが必要ですからこれもバランス良く摂ることです。

プロテインスコアという言葉を聞いたことがあると思いますが、9種類ある必須アミノ酸を凸凹なく平均して含んでいる食品をプロテインスコア100といいます。牛乳、卵はプロテインスコア100ですので、アミノ酸のバランスという点ではすぐれたタンパク質食品といえます。大豆は、大豆そのものではスコア86ですが、精製してタンパク質をとりだして大豆タンパク(プロテイン)となるとスコア100になります。

アミノ酸は全部で20種類ありますが、体内で合成できず食べ物から毎日摂取しなければならない必須アミノ酸は9種類、残り11種類のアミノ酸は体内で合成できるので非必須アミノ酸といいます。

食事替わりとして飲めるサプリタイムには、必須アミノ酸が十分配合してあります。1袋飲むと、成人が1日に必要とする必須アミノ酸を余裕で摂れるようになっています。

このアミノ酸は、原料の大豆プロテイン、ホエイ(乳)プロテイン、グルタミン酸ペプチドの総量です(サプリタイムのプロテインは大豆プロテインとホエイプロテインを半々にしています)。先ほどもプロテインスコアのところで触れましたが、食べ物でタンパク質を摂ろうとすると、体の消化吸収の力でアミノ酸に分解しなければなりません。非常に消化負担と時間がかかるわけです。消化吸収の度合いに関しては個人差もあります。

けれども、大豆や牛乳から、タンパク質をとりだして、原料である「プロテイン」にまで精製すると、消化の途中工程まで済ましたようなものであり、アミノ酸に分解するのが短縮されていることになります。したがって、プロテインドリンクの形で摂取すると、消化吸収において胃腸負担が少なく、アミノ酸最合成の効率もよいと言えるのです。

特定のペプチドを薬的な効果を期待して飲むのでは無く、まずは様々な食材を食事で摂りタンパク質を摂ることが大事。理想的な1日のタンパク質摂取は60gなので、食事だけでは不足します。そのため、朝食などにサプリタイムのようなプロテインドリンクを利用するのが賢い方法です。

バランス良く食事をしていれば、ビタミンやミネラルもある程度は摂れていると思ってよいでしょう。しかし、予防効果やアンチエイジング効果をさらに高めたいという方は、ビタミン、ミネラルもサプリでプラスする必要があります(サプリタイムにはビタミン、ミネラルも配合されています)。

サプリタイムのおすすめの使い方は「朝食に利用する」です。成人が1日に必要な栄養素の約3分の1が体にチャージできます。飲んでみると意外にお腹がいっぱいになることに驚かれると思います。見た目1杯のジュースですが、中味は一般の朝食よりも栄養価が高く、胃腸への消化負担が少ない、たいへん優れた食事となります。ご飯やパンなどの糖質を摂る必要がなくなりますので、朝食後血糖値が上がりません。血糖値があがらないということはイコール血管の若さを保つことにつながります。

良質なタンパク質補給に「サプリタイム」 ご購入はこちらから

弊社は創業27年になる健康食品会社です。創業当時の製品は、浄水器、サンゴの力、珊瑚の恵、この3つでした。
当時はこんな考え方で、製品やサービスを提供していたのです。

健康の為にはよい水を飲むことが大切。水道水には塩素が入っていて、その塩素が体にはよくない作用をおよぼす。よい水の条件とは、塩素が含まれていないこと、浄化されていて有害なものが含まれていないこと、カルシウムなどミネラルが豊富なアルカリ水であること。このことを沖縄の化石サンゴを濾材としてつかった「浄水器」と携帯パック「サンゴの力」で!

火山国日本に暮らす私達は、慢性的にカルシウム不足になっていて、気づいていないところでカルシウム不足によって健康にさまざまな弊害が起きている。また、食事で必要なカルシウムを摂取するのは至難の業。女性は体の特性から特にカルシウム不足の影響を受けやすく、中高年以降の骨粗鬆症は寝たきり要介護へと繋がる大きなリスクとなる。天然素材の沖縄の化石サンゴを原料としたカルシウムサプリメント「珊瑚の恵(当時カルスティック)」で毎日カルシウム補給をすると、骨をすり減らすことが防げて安心である。

というように、良い水とカルシウムで健康になれる!というとても単純なものでした。けれども、健康をつきつめていくと、そう単純で無いことが分かってきました。病気の予防のためには良い水をのむだけでは十分ではない。サプリメントで摂取すべきものとしては、カルシウムだけではだめだということになってきました。

ガンで亡くなる人がうなぎのぼりで、年間死亡者数も30万人に届くようになっていました。弊社としても、健康をうったえていくには、この「ガン」というものを真剣に考えなくてはいけなくなったのです。健康で人生をまっとうするには、ガンを予防しなくてはならない!

どうすればガンにならずに済むか!? サプリメントの販売が本業ですから、ガンの予防に役立つサプリとはなんなのか? という方向に向いていきました。ガン予防とサプリメント、というテーマに取り組み始めたのは今から15年前。

その時に着目した健康素材が「キトサン」です。サプリメントの原料としてよく知られているビタミン、ミネラルといった栄養素とは異なり、体に取り込むと栄養になるのではなく様々な機能を発揮するとして、『機能性素材』と呼ばれます。乳酸菌などもこれにあたります。

カルキトDX

生活習慣病の予防、とくにガンの対策として開発したサプリメントがカルキトDXでした。配合はいたってシンプルでサンゴカルシウムとキトサンが主成分というもの。その後、15年間のうちに成分の見直し、乳酸菌など有効成分を追加し効果性を追求してきまして、2回のリニューアルを経て現在のマックスピアになっています。

起業当時42歳だった代表の永島もいまや前期高齢者、20代だった私も53歳になり、我々の目的・目標も少し変化してきました。生涯重篤な病気には罹らないで自立した高齢者でありつづけるというのが、はっきりしたテーマになってきました。要介護にならずに自活し、仕事と趣味を持ち続けるというのも目標です。

上記の目標のいきつくさきは「百歳長寿」ということになろうかと思います。人生半ばで生活習慣病にかかってしまったのでは、その目標が達成できません。そのためには、動脈硬化を防がなければなりません。血管・血液・筋肉の若さを保つことがとても重要になります。

「生活習慣病のリスク回避」に加えて「アンチエイジング」を5年前くらいからでしょうか、強く意識するようになり、オメガ3のEPA+DHAを発売したり、肌の老化防止ということでスキンケア製品も新たに加えました。

健康食品会社を経営しているということになるわけですが、弊社にはこんなプライドがあります。ただ健康食品を買ってもらって販売しているわけじゃない、それを飲んで健康になってもらう、使ったかたには結果を手にしてもらうのだ、という信念をもっています。

ねたきり

先週法事があり、親戚の方がこう話してくれました。「パーキンソン病の母を30年介護したんですよ」

聞けば実のお母様が発病したとき、2番目の子がお腹にいたそうです。いかに若い時だったか、ですね。お医者さまからは、寿命は10年ぐらいといわれたのに、その後どんどん薬が開発され、最後には胃瘻(いろう)をすすめられ、言われるままにそうしたところ、それから寝たきりで9年生きておられたということ。

ご主人の協力も得て、夫婦でお母様を看てきたのだそうです。今では、世の中の風潮として、「簡単に胃瘻などするものではない」という声もあがってきていますが当時はまだまだ。

その方とも、果たしてこれで本人や家族が幸せだったと言えるのか疑問ですね、という話になりました。

死ぬまで元気で、終わるときは自宅でぽっくり逝く。このことが現代では非常に難しくなっています。

つい最近『103歳 世界最速のおじいちゃんスプリンター』という本を読みましたが、92歳でマスターズ陸上を始め、いまだご健在で世界記録を伸ばしているんだそうです。元気で長寿の秘訣は「毎日の食事と運動」とおっしゃる。

つまりこの方には追いつかなくとも、90歳になっても100歳になっても自分の足で歩き、自立した生活を送るということがまず大事。生涯運動は必要です。

なぜなら、人間の体は元来「省エネ」に出来ているから、使わない部分から退化していくようになっています。無駄なところにエネルギーが行かないようにするためです。

よく「高齢者は寝たらそれっきりになるよ、だから転んで骨を折ったりしないように!」といいます。高齢者になるほど、筋肉や身体機能の退化スピードは速くて、数日寝込んだだけでがくんと筋肉も落ちてしまうものです。

何歳になっても筋肉は鍛えれば発達すると言われています。でも何もしなければ、『退化』があたりまえで、高齢者にとっては『維持』だってある程度の努力がなければ難しい。

寝たきり介護はイヤ、死ぬときはぽっくり逝きたいねえ、と言うけれど実際はものすごくそこに行き着くまでは、努力や工夫が要ることで、そんな人間として自然で当たり前のことのようだけれど、今は非常にハードルが高い「狭き門」なのです。

死ぬまで健康でいなければ、できないことです。
中高年で生活習慣病にならないことが条件であり、病院や薬とは無縁であることも条件。

グループ会社のマンズワイン・「ぶどう」については専門

そら・新藤(以下:新藤) お醤油の老舗であるキッコーマンが健康食品の分野に手を広げられたきっかけはどのようなことからですか?

キッコーマン社 そうですね。10年ぐらい前になりますか。当時は、抗酸化とかアンチエイジングとかのニーズが高まりつつありました。キッコーマングループの中でのリソースを使った商品開発ができないかということに。
グループ会社にマンズワインがありますので、ご存知のように「ぶどう」については専門です。つまり基本的には、我々が持っている原料とか技術を健康食品の分野に応用できないかというところからスタートしました。

最も抗酸化力の強いポリフェノール成分を取り出せる!

新藤 最初から若返りとかアンチエイジングに注目されていたのですね。キッコーマンの技術力、経験を生かした健康分野での強みというのはどんなことでしょうか?

キッコーマン社 我々の強みというのは、山梨にマンズワインのワイナリーがあります。
そこでは当然ワインを生産しているわけですね。世界各地から原酒なども輸入しますので、これまでワイナリーが蓄積してきた、ブドウに関するあらゆる情報を得ることができます。
ブドウの種子を選別して、最も抗酸化力の強いポリフェノール成分をとりだせるのも弊社ならではの強みだと思います。

ブドウの品質次第でかなり違う!

ブドウ種子断面

新藤 抗酸化力や含有量も種子によって違うのですね。

キッコーマン社 そうです。ブドウのポリフェノールの主成分であるプロアントシアニジンですが、これをいかに効率的にとってくるかが重要なんです。抽出方法もありますし、元々の原料にプロアントシアニジンが豊富に含まれていないといけないのです。原料となるブドウ次第でかなり違うんですね。

新藤 『はだのさぷり』の素材に提供してくださっているものには、最高級のプロアントシアニジンが入っているということですね。

キッコーマン社 はい。抽出技術がマンズワインにはなかったので、そこは母体であるキッコーマン社の研究グループの出番でした。どうやったら効率よく良質のプロアントシアニジンをとれるかを研究し、製品化したわけです。また、安定供給できるというのも強みだと思います。

肌のみならず”動脈硬化”にも期待できる!

新藤 ところで、フレンチパラドックスについておうかがいしたいのですが。

キッコーマン社 フランスでは、赤ワインによる動脈硬化予防の効果を示唆する成分として注目され、血管治療薬(医薬品)にも使用され有効性と安全性が認められています。

新藤 現在、生活習慣病の予防やアンチエイジングのニーズはますます高まっているわけですが、どのようなニーズをもった方におすすめできますか?

キッコーマン社 体内の抗酸化作用はもちろんですが、動脈硬化などの予防にも期待できると思います。血流の改善効果、アンチエイジングは血管を原因とする場合が多いのですからね。デトックス効果(糞便消臭作用、腸内菌叢改善)に対する研究結果もあります。
また美白効果やストレスなども緩和できるということで、体の中からと外からの見た目でも、両面からのアンチエイジングにつながると思います。

(このインタビューは2010年10月のものです)

ブドウ種子プロアントシアニジン含有
「はだのさぷり」
ご購入はこちらから 10日間お試しもあります。

意外にもフランス人には心筋梗塞が少ない

フランス料理といえば、肉やバターなどの動物性脂肪が多いのが特徴。動物性脂肪のとりすぎこそは動脈硬化を進め、心筋梗塞などの心臓病の原因になるが、当のフランスでは意外にもこれらの病気による死亡率が低い。「フレンチパラドックス(逆説)」といわれるこの現象が起きるのは、なぜか?

この鍵を握るのが、フランス人が日常的に飲んでいる赤ワイン。白ワインと違って、赤ワインは種子や果皮も一緒に発酵させて作る。このブドウの種子に多く含まれるのがプロアントシアニジンといわれるポリフェノールの一種。

プロアントシアニジンは数ある抗酸化物質の中でも最強の一つといわれ、動脈硬化や血栓を予防する作用も認められている。
実際、フランスでは血流を良くしたり、毛細血管の内皮を強くしたりする効果があるということで、プロアントシアニジンが医薬品にも利用されている。

血液サラサラを検証!

血液の流れを調べる装置で検証した(キッコーマン総合病院・久保田院長)。その結果は、被験者の平均で51.6秒かかっていた血液の通過時間が、ブドウ種子プロアントシアニジン200㎎(赤ワインにしてグラス約6杯分に相当)を摂取した2時間後には46秒に短縮された。

通過時間は40秒以内が標準。被験者の平均通過時間は50秒以上だったので、血液はドロドロ気味といえる、これがブドウ種子プロアントシアニジンを1回摂取しただけで、標準のサラサラ血液に近づいたのだ。

ブドウ種子プロアントシアニジンとは?

カテキンが複数個連なった構造を持つポリフェノールの一種。ブドウの種子に多く含まれる。カカオやリンゴ、松の樹皮などのポリフェノールも同じ仲間で、抗酸化力が非常に強いことで知られる。

その抗酸化作用は、①活性酸素を捕らえ、自ら酸化されることで活性酸素をを無害化する、②体内の有害金属と結合して、体外に排出させる(解毒作用)、③体内に元からある酸化酵素の働きを抑制する―という三つの働きがあり、守備範囲が広い。なおビタミンCやE、カテキン、ブルーベリーなどの抗酸化作用は①の働きのみ。

MC-FAN

1回でも血液サラサラに

グラフ1健康な成人9人が対象。同じ朝食をとった1時間後に採血。その直後にブドウ種子プロアントシアニジン200mgを摂取し、2時間後に再度採血した。MC-FANという装置で調べた結果、血液の通過時間はブドウ種子プロアントシアニジンの摂取前は平均で51.6秒、摂取後は46秒だった。

続けてのむとより効果が上がる

グラフ2健康な成人9人が対象。ブドウ種子プロアントシアニジン200mgを1周間昼食時に摂取した。その結果、血液通過時間は摂取前の平均58.8秒から47.8秒に大幅に短縮。通過時間が長かった人ほど、改善率は高かった。なお1周間効果を確認するため、2回目の採血当日はブドウ種子プロアントシアニジンをとっていない。

活性酸素を消去して血管を守ってくれる

「そもそも血液の流れが悪い人は、血管の内皮に炎症などの異常があると考えられる。最近は、この炎症が動脈硬化と深い関係があると注目されている。ブドウ種子プロアントシアニジンは、その優れた抗酸化作用で炎症の一因になっている活性酸素を消去し、血管を守ってくれる」と久保田院長は話す。

出典:日経ヘルス 2006年11月号

ブドウ種子プロアントシアニジン含有
「はだのさぷり」
ご購入はこちらから 10日間お試しもあります。